ガスコンロの火が弱いかも?考えられる5つの原因と対処法

  • LINEで送る

ガスコンロを使っていて、いつもより火が弱い、以前と比べて火力がなくなった、ツマミをめいっぱい回しているのに強火にならなくなった、など火力に関する不安を感じた時にチェックしておく項目を知っておくことで、万が一症状に気付いた時にも焦らず対処することができます。ガスコンロの火力が弱いなと感じた時にはどのような原因が考えられるのかを紹介していきます。

ガスコンロの使用の流れ

出典:www.quoris.co.jp

火がつくまでの流れ

1:ガスコンロの点火ボタンを押す/ツマミ部分を押しながら時計回りに回す
2:チチチという音がして点火プラグと呼ばれる部分で火花が散る
3:火花が散るのと同時にガスが噴射されてコンロに点火される
4:コンロにある先のとがった部分は炎検知器となっており、検知器の先端が熱くなることによってガスコンロに火がついたことを検知する
5:ガスを噴射するバルブが開いて、ガスを送り続けることによってコンロで火が燃え続ける
6:点火ボタンやツマミから手を放す/火力の調整を行う

火を消すときの流れ

1:ボタンを押す/ツマミを反時計回りに回して点火位置まで戻しツマミから手を放す
2:ガスを噴射するバルブが閉じてガスの噴射が止まる
3:燃焼することができなくなり火が消える

安全装置が作動したときの流れ

1:鍋やヤカンなどから水が吹きこぼれる/風などで火が消える
2:炎検知器の先端が冷えるためガスコンロの火が消えたと認識する
3:自動的にガスを噴射しているバルブを閉める
4:燃焼することができないため火が消える

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]