カメラはどんな構造なの?カメラレンズなど構成パーツを見てみよう

デジタルカメラやデジタル一眼レフカメラ、インスタントカメラ、携帯についているカメラなど、カメラを使って撮影をする機会はたくさんあります。しかしカメラはどうやって写真を撮っているのか、どんな構造をしているのかを知っている方は少ないのではないでしょうか。今回はカメラの中でもデジタル一眼レフの構造はどんな風になっているのかを調べてみました。

 

デジタル一眼レフとは

出典:www.sunphoto.co.jp

撮像素子に写したデータを記録する

一眼レフカメラのレフとは、反射する・反射性のという意味のReflexからきています。デジタル一眼レフカメラの中には鏡がいくつか入っており、レンズを通して入ってきた光反射させて、ファインダー(目で覗いて撮影したい風景などを確認することができる部分)から見た画像がそのまま写真として記録されるものです。

またファインダーだけではなく液晶画面に切り替えて撮影したい風景などを確認しながら撮影することもできます。一眼レフカメラは旧式のカメラと同じでフィルムに撮影した画像を映し出すものですが、デジタル一眼レフカメラはフィルムではなく撮像素子という部分に写した写真のデータを記録しています。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]