枕本体も清潔にしないと肌トラブルに!洗濯機で枕を洗おう!

毎日の元気な生活を送るために大切な睡眠。アナタは毎日寝ている枕を定期的に洗っていますか?もしかして「枕は洗った事はないけど、枕カバーはしょっちゅう洗っているので大丈夫!」と思っていませんか。カバーをしていても枕には毎日身体から出る汗や、頭皮からです皮脂など汚れが浸透してしまっていて不衛生な状況に陥ってしまっています。枕に付いた皮脂をそのままにしていると、毛髪や頭皮に悪影響を与えてしまう恐れだってあるんです。

カバーだけではなく枕本体も洗おう

出典:ktvolm.jp

みなさんはカバーは定期的に洗っているけれど、枕の本体は買ってから一度も洗っていないという方も多いのではないでしょうか。

カバーは清潔に保っていても枕本体に染み込んでしまっている寝汗や頭皮から出る皮脂の汚れやよだれ、体臭などが知らぬ間に蓄積されていることでしょう。やはり、定期的にクリーニングしたいところであります。

洗っていいもの・洗えないものがある

枕って洗っても良いのか、なかなか判断が難しいものですよね。もちろん素材によって洗えるもの、洗ってはいけないものがあります。家庭の洗濯機で洗える素材、洗えない素材をみてみましょう。

洗っても良い素材の枕

ポリエステル、パイプ、ビーズなどは洗っても良い枕の素材です。枕の素材として一番よく使われているポリエステルとは、一般的な綿の素材となります。ストローを短く切ったようなプラスチック素材のものをパイプと呼んでいて、こちらは軽量で人気の素材となっています。

洗えない素材の枕

洗濯機ではそば殻や、羽毛、低反発クッションなどの枕は洗うのを避けましょう。とはいえども、最近はいろいろな素材の枕が販売されているため、判断が難しい場合は枕の販売メーカーもしくは最寄りのクリーニング店に相談してみることをオススメします。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]