一眼レフのバッテリー稼働時間を長くしたい!それにはバッテリーグリップがおすすめ

撮影の際に必ず付きまとう問題と言えば、バッテリー切れが挙げられるでしょう。バッテリー残量を気にしていると撮影に集中できず、貴重なシャッターチャンスを逃してしまうかもしれません。長時間の撮影が多い人は予備バッテリーを持ち歩いている人も多いでしょうが、本体に複数のバッテリーを入れることができ、一度のバッテリー交換で長時間撮影が可能となるバッテリーグリップを使うことで、より撮影に専念できます。また、カメラの稼働時間が延びるだけでなく、他にも様々なメリットがあります。

バッテリーグリップとは

出典:i1.wp.com

バッテリーを入れるグリップ状のケース

バッテリーグリップとは、バッテリーを入れることができるグリップ状のケースのことをいい、一眼レフカメラのボディに取り付けることで、カメラのバッテリー持続時間を延ばすことができるカメラのアクセサリーです。

バッテリーグリップの中に2つのバッテリーを入れることができるタイプのものや、カメラ本体とバッテリーグリップにそれぞれ1つずつ入れるタイプのものがあります。いずれにせよ、カメラに入れるバッテリーの数を複数に増やし、バッテリーを交換する手間なく長時間撮影ができるようになります。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]