クーラーの電気代は冷房よりドライの方が高い?ドライ機能の賢い使い方

  • LINEで送る

夏の暑い日や梅雨の時期、クーラーを使う時にドライ運転にするか冷房にするかで迷ったことはありませんか?冷房運転時に除湿機能はどうなっているのか、逆にドライ運転時の冷房能力はどうなのか、そして電気代はどちらが高いのかなど、クーラーのドライ運転には謎がいっぱいです。そこで今回は、ドライ運転の仕組みや電気代について探り、クーラーはドライ運転の方が電気代が高いという噂について検証したいと思います。

クーラーの除湿の仕組み

出典:ssl-stat.amebame.com

クーラーのドライ機能の詳細を見る前に、まずは除湿そのものについての基本から説明します。

除湿とは

除湿とはその言葉の通り、湿気を取り除くことです。つまりドライ運転とは、部屋の湿度を下げることを目的としたモードのことです。

どうして湿度が下がるのか?

夏の暑い日に冷たい飲み物を放置しておくと、その飲み物を入ったコップやペットボトルに水滴が付きますよね。この水滴は、コップ周辺の空気が冷えることにより、空気中に含まれる水分が凝固して液体に戻ったものです。

つまり空気が冷えることによって、その空気に含まれた水分(湿気)が空気中から取り除かれているわけです。もし冷えた部分の空気だけを切り取ったなら、その部分の湿度は下がっていることになります。

そしてエアコンによる除湿もこれと同じです。クーラーを稼動させると室外機から水が出ますが、これは室内の空気を冷やした際に取り除かれた水分であり、その結果室内の湿度は下がっているわけです。

除湿は同時に冷房も行っている!

ここで一つ重要なポイントがあります。それは、除湿には空気を冷やす必要があり、除湿と同時に冷房も行われているという点です。これは次の項目にも関わる大事なことですので覚えておきましょう。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る