電動歯ブラシのよる歯周病予防効果は絶大!手磨きにはなかった効果を得よう

歯は一度抜け落ちてしまっても新しい歯が再生することはありません。歯は一生モノであり決して替えの効かない大切な存在です。そのため毎日の歯磨きで常に歯の健康を保ちたいものですが、歯ブラシによる歯磨きではよほど丁寧に行わないと歯垢は残ってしまい、虫歯よりも怖い歯周病のリスクも発症します。そのため歯を徹底的にメンテナンスするには定期検診の他に電動歯ブラシが有効です。電動歯ブラシの歯周病予防効果はどれほど有効なのでしょうか?

歯垢が原因で引き起こされる歯周病

歯周病は細菌感染によって引き起こされる、歯茎の炎症性疾患です。歯と歯茎の間にわずかなすき間があります(歯周ポケット)その部分に細菌が入り込み、歯茎が炎症してしまうのが歯周病です。

出典:www.jacp.net

歯周病の原因となる細菌は歯垢の中に生息しています。そのため歯周病予防には歯垢除去が第一となります。歯垢とは食事などの食べカスが歯に付着した状態のことであり、食べた後は歯磨きで歯垢をしっかりと落とす必要があります。

歯垢は放置しておくと固まって歯石となってしまいます。歯石は非常に硬く、歯磨きによるブラッシングはおろか、電動歯ブラシでも除去するのは難しいです。そのため歯石になる前の歯垢の段階でしっかり磨き落とすことが大切です。

残念ながらすでに歯石になってしまったら歯科を受診して除去してもらうしか有効な手段はありません。気になる人は一度歯科を受診して歯の健康状態を診てもらうと良いでしょう。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]