コスパの良いおすすめコーヒーメーカーまとめ!ポイントは高温抽出

おいしいコーヒーを飲む手っ取り早い方法は、コーヒー専門店に行くことです。プロがこだわって選んだ豆をプロの技術でいれてくれるので、その味や風味は格別です。しかし経済的においしいコーヒーを飲む一番の方法は、コーヒーメーカーを購入することです。でも数あるコーヒーメーカーの中から、自分や家族にあったものを選ぶのは大変です。購入するならできるだけコスパの良いものを選びたいです。そこで今回は、コスパのいいコーヒーメーカーをご紹介します。

コスパの良いコーヒーメーカーとは?

出典:delonghiconbi.up.n.seesaa.net

「コスパ」とはコストパフォーマンスのことです。意味は、「コスト」(費用)と「パフォーマンス」(効果)を対比させたときの度合いです。つまり費用が安く、効果が高いならコスパが高い、良いということになります。

コスパの良いコーヒーメーカーの例

●高温抽出機能がついている
おいしいコーヒーを抽出するには95度のお湯がいいとされています。このような高温で抽出する機能は高価格帯のコーヒーメーカーには搭載されていますが、低価格帯ではなかなかありません。つまり比較的低価格で高温抽出機能を搭載していれば、コスパが良いと言えます。

●手入れが楽
コーヒーを抽出すると必ずそのあと水洗い等、手入れしなければなりません。複雑な構造になっていて分解、組み立てしにくいものはその点がストレスになります。手入れしやすい構造になっているものは楽でいいです。

●値段の割に付属品が多い
コーヒーメーカーに、マグカップやボトルまでセットされているとコスパが高く、得した気分になります。

●見た目がオシャレ
見た目がオシャレなコーヒーメーカーは、キッチンやリビングのインテリアともなります。コーヒーを作るという本来の役目以外の効果もあるということで、コスパが良いことになります。

●機能が豊富
例えば、「水道水のカルキをカットする機能」、「断熱保温機能」、「豆を挽くところから全自動機能」などこのような機能があると、その他購入せずに済むものが出てくるので経済的です。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]