コーヒーメーカーでつくるとぬるい?コーヒーの温度とおいしさの関係とは

コーヒーをおいしく飲むために、温度は大切な要素です。「熱いものは熱いほどいい」なんていう人もいますが、コーヒーもそうなのでしょうか?コーヒーメーカーでいれたコーヒーは、ぬるくてダメなんていう人います。本当にそんなことがあるのでしょうか?もしあるとしたら原因はなんでしょうか?今回は、コーヒーメーカーと温度の関係、ぬるさの原因について解説します。

コーヒーメーカーのコーヒーは何度?

出典:img1.kakaku.k-img.com

コーヒーメーカーでは80度から90度程度のお湯で、コーヒーを抽出するのが一般的です。

80度から90度のお湯で抽出する

おいしいコーヒーをいれる上で、お湯の温度は大切です。一般的には80度から90度程度がおいしさと香りを引き立てると言われています。そのため多くのコーヒーメーカーもこの温度の範囲内でお湯が出るように設計されています。通常、コーヒーメーカーには常温の水をセットします。電源を入れるとすぐに水がコーヒーに注がれ抽出を開始するので、水で抽出していると勘違いする人がいます。

しかし実際はそうではなく、80度~90度の理想的な温度のお湯で抽出されています。水を瞬間的に温め、細い管から少しずつ注ぐ構造になっているので、電源を入れてすぐに抽出を始めることができるのです。多くのコーヒーメーカーは最初は80度くらいで、徐々にお湯の温度が上がっていく仕様になっています。

4,5杯分のコーヒーを抽出するには、通常8分ほどの時間を必要とします。そのためコーヒーが冷めてしまわないように、ほとんどのコーヒーメーカーは保温機能を備えています。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]