パナソニックエアコンの「ナノイー機能」がすごい!その効果と上手な使い方について

  • LINEで送る

エアコンの一番基本的な仕事は冷房と暖房です。しかし、エアコンを購入するとなるとそれだけではなく、電気代や付加的な機能のことも気になります。エアコンと言えば、最近はパナソニックの「ナノイー」という機能に注目が集まっています。ナノイーはエアコンだけでなく、パナソニックの空気清浄機やドライヤーといった商品にも搭載されている機能です。ではナノイーとはいったい何でしょうか?エアコンに搭載されていると何がいいのでしょうか?今回は、パナソニックエアコンのナノイーについて解説します。

ナノイーって何?

出典:panasonic.jp

ナノイーとは、パナソニックが自社製品の除菌・抗ウィルスイオンに付けている造語です。゛ナノ”は10億分の1メートルという非常に小さいことを表しています。”イー”はエレクトリック(電気)の頭文字のEを発音したものです。

ナノイーの発生原理

金属の棒の先端を冷却すると水分は結露します。そこに高電圧をかけると水分は霧状になって空中に飛散します。この霧状の成分には「OHラジカル」というイオンが含まれていて、このイオンは通常の環境下ではすぐに他の物質と反応したり、すぐに消滅したりしてしまいます。

しかしパナソニックが時間をかけて研究し、このイオンを霧の水分によって保護し長時間消滅しないように守ることに成功しました。このイオンとイオンを発生させるパナソニックの独自技術を総称して、ナノイーといいます。このナノイーをエアコンに搭載することで、抗菌、抗ウィルスの飛躍的なな効果アップを実現しています。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]