イオン導入タイプの美顔器と使う化粧水はどの順番で使う?効果的な順番をご紹介

  • LINEで送る

イオン導入タイプの美顔器は化粧水の順番がとても大事だけれど、いつ使えばいいのかはっきり分からない。それなのにそのまま使っている方はいませんか?スチーマータイプなら終わってから通常のお手入れで良いのだけれど、イオン導入タイプはスチーマータイプとはちょっと違う気がしますよね。ここではイオン導入タイプの美顔器に限って、化粧水を効果的に使うタイミングやお手入れする時に気を付けたいポイントなどをお話したいと思います。

イオン導入タイプ美顔器に使う化粧水の役割

出典:www.rakuten.ne.jp

お肌に浸透させるため

イオン導入する時には肌の表面に化粧水などの水分が必要です。その水分がイオン導入でしっかりとお肌に潤いを与えるので、化粧水は普段はお肌に染み込みにくいビタミンCなどを使います。お顔の表面にたっぷり化粧水を塗ってから美顔器を使いましょう。

お肌の表面と内側のphの違い

お肌の表面とその下の層の間にはごく弱い電気が流れています。それは、「酸性」か「アルカリ性」かを示すphというものが、お肌の表面と、その下の層では違うからです。お肌の表面は弱酸性、お肌の内側は弱アルカリ性で、その違いのため、ごく弱い電気が流れるのです。

お肌のバリア機能

表面は弱酸性、内側は弱アルカリ性、そしてその間には電気が流れている。この構造により、お肌の内側には外側からの物質が通りにくくなっていて、ニキビの元になるアクネ菌などがお肌の内側に入り込まないようになっています。

また、逆に、お肌の潤いなどが外に流れ出ないように守ってもいるのです。これをお肌のバリア機能と言います。

イオン導入はバリアを超える

お肌の表面は弱酸性ですが、お肌の内側は弱アルカリ性です。この違いがあるので電気が流れていてお肌は守られているのですが、このバリアが、実は美容成分も防いでしまうのです。

イオン導入を使うとお肌の表面に弱い電気を流し、一時的にバリアを弱めることができるので、ビタミンCやプラセンタなどの成分をしっかり生かすことができます。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る