キーボードのinsertキーって何に使うの?意外と便利な「上書きモード」の活用方法

  • LINEで送る

キーボードの上の方にあるinsertキーを使っている人はどのくらいいるのでしょうか?まったく使用しない、あると却って邪魔などという声もあるほどです。今回はこのinsertキーについて解説していきます。

insertキーってどこにある?

出典:www.724685.com

insertキーは、どのパソコンのキーボードにもたいていあるキーです。場所は上段で、「insert」や「Ins」、「挿入」などという表示がされています。

insertキーは「上書きモード」と「挿入モード」を切り替えるもの

insertキーは、insertを和訳するとお分かりのように「挿入」となります。そうなのです。そもそも挿入モードにするためのキーなのです。本来、キーボードの入力は上書きがデフォルト設定になっていました。しかし、上書きモードでは使いにくいときも当然あります。そのために挿入モードにワンプッシュで切り替えができるために、このinsertキーがあったのです。

しかし、現在では挿入モードがデフォルト設定になっており、そもそも上書きモードを利用する場合もそれほど多くないので挿入モードだけでもそれほど不便を感じません。このようなことから、このキーについて「ほとんど使っていない」とか「不要なキー」などという声が聞こえるようになったのです。

「挿入モード」とは?

出典:dekiru.net

カーソル部分から1文字ずつ入力されるものです。文の途中ならば、間に割り込むように入力されます。そのため、もとにあった文章は残ります。

入力時にカーソルが縦棒(|)で点滅していることが多いです。

「上書きモード」とは?

カーソル部分から既存の文字列を1文字ずつ上書きしながら入力されるものです。文の途中ならば、それ以後の文は塗り替えられるように入力されます。そのため、もとになった文章は消えてしまいます。

入力時にカーソルが四角(■)で点滅していることが多いです。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る