SSDを使っていくうえでの注意点は?SSDのデメリットと使い方について

SSDはHDDに代わる次世代ドライブとして人気を集めており、今ではだいぶ普及してきました。HDDが搭載されているパソコンや外付けドライブについての注意点は知っているけど、SSDについてはどんなことに注意すればいいのかよく分からないという方に向けて、SSDの注意点についてご紹介します。

SSDのデメリット

出典:www.7980en.com

HDDと比べてメリットが強調されるSSDですが、デメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

価格が高い

Transcend 外付けSSD 128GB USB3.0 MLC TS128GESD400K

¥ 8,269

I-O DATA USB 3.0/2.0対応コンパクトサイズポータブルハードディスク EC-PHU3W1

¥ 7,980

これはHDDと比べてですが、容量に対する価格はやはり高いです。アマゾンの売れ筋外付けディスクを比較してみますと、128GBのSSDが8,269円なのに対し、同価格帯のHDDは1TBで7,980円になります。

ざっとした比較ですが、外付けディスクだけ見てもこれだけの価格差があるのです。

書き込み回数の限界が少ない

SSDもHDDも書き込める回数には限界があるとされています。SSDはNAND型フラッシュメモリを使用していることから、書き込み回数は1~10万回だといわれています。これに対しHDDの書き込み回数は100万回とされていますので、書き込み回数にはかなりの差があるのです。

パソコンを長期間使用していると限界があるのでは、という不安の声も挙がっています。

1,2年使用すると速度が遅くなる

SSDのメリットとして、速度が速いことがあります。これが、1,2年使用していくと段々と遅くなってしまうといわれています。しかし、SSDが遅くなったとしても、HDDの速いときと体感的に同じくらいですから、それほど不都合は生じないでしょう。もともとが速かったため、遅さを感じてしまうだけだと思われます。

PC環境によってはそのメリットが生かせない

HDDからSSDに交換したのにもかかわらず、速くなった気がしない、などという声もあります。これは、SSDのメリットはPCの内部の環境が最新にすることで生かされます。そのため、古いままでは結局のところあまり長所は発揮されないのです。せっかく高額のSSDを換装したのに能力が最大限発揮できないということもあるので注意が必要です。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]