LANケーブルの伝送帯域が通信速度を左右する!選ぶ際に見ておくべきポイント

パソコンをインターネットにつなぐためのLANケーブルが通信速度を左右することをご存じですか?パソコンは最新モデルに買い換えたけれど、通信速度が遅い…それは、LANケーブルの規格がパソコンに合っていないのかも知れません。通信速度にはLANケーブルの「伝送帯域」の幅が関わってきます。LANケーブルの「伝送帯域」と通信速度の関係に注目してみましょう。

長さだけじゃない!LANケーブル選びにはカテゴリにも注目

LANケーブルを選ぶ時、ケーブルの長さだけで選んでいませんか?パソコンをインターネットにつなぐLANケーブルには、実は多くの種類があります。規格によって細分化されており、「カテゴリ」で通信速度を判別することができます。パソコンを買い換えても、LANケーブルは以前のものを使い続けていると、規格が合わず十分な通信速度が出ていない…というケースも考えられるのです。

出典:free-photos-ls04.gatag.net

LANケーブルは、使用する場所や環境によるケーブルの結線方法など、こだわる部分はたくさんあります。その中でも注目したいのが製品の仕様書に記載されている「カテゴリ」です。この「カテゴリ」はどの通信速度に対応しているかによってクラス分けされています。カテゴリの数字が大きくなるほど、速い通信速度に対応できる規格になります。現在、一般的に流通しているカテゴリは「5e」、「6」がメインです。

このカテゴリが「5」以下の場合は、現在の最新パソコンで使用するLANケーブルとしては性能が低すぎて、十分な通信速度を得られない場合があるのです。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]