コーヒーメーカーを保温時間で選ぼう!保温に優れたおすすめマシーン2選

コーヒー好きの人には嬉しい“保温が出来るコーヒーメーカー”は、コーヒーを淹れるシーンから保温まで手放しでやってくれます。手でドリップしたなら、入れた後に残ったコーヒーが冷めてしまうとまた温め直さなければいけません。考えただけでも面倒な事をコーヒーメーカーはまとめて引き受けてくれます。これなら仕事の片手間にでもコーヒーが楽しめますよね。そこで今回は、最も保温時間に優れているコーヒーメーカーを探してみました。

コーヒーメーカーの保温性の違いはポットの材質で決まる

出典:image.rakuten.co.jp

コーヒーメーカーのポットがガラス製の場合、どうしても保温時間は短くなります。こういったタイプは大体に保温プレートが設置してあります。これは保温の為のものですが、放置しておくことでかえってコーヒーの風味や味が落ち、まずくなってしまいます。ガラス製ポットのコーヒーメーカーは作りおきには向いていません。

保温に最適なのはポットが真空断熱になっているコーヒーメーカーです。真空ポット自体が保温をしてくれるので保温プレートの必要が無く、コーヒーの味を損ねる原因を減らすことができるのです。それでは、その保温性能に優れたコーヒーメーカーを実際に見ていきましょう。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]