LANケーブルは天井に這わせるのがおすすめ!コードをすっきりさせるモールの使い方

パソコンを好きな場所で使うために、無線LANを使っている人は多くいます。とは言え、無線LANはどの部屋でもネットができるというメリットはあるものの、接続が不安定で場所によっては電波が弱い、あるいは届かないということもあります。そのため、回線が安定しているLANケーブルを使う人もいるはずです。しかし、有線になるとパソコンができる場所も限られてしまいます。中には、他の部屋までLANケーブルを延長している人もいるのではないでしょうか。そんな時には、LANケーブルを天井に這わせてすっきりさせてみませんか。

延長したLANケーブルをすっきりさせる方法

出典:sukkiri.tekito-lab.com

LANケーブルを使うと、通信速度が遅くなったり、途中で通信が途切れたりする可能性はかなり低くなります。しかし、LANケーブルには「配線がぐちゃぐちゃになる」「配線が床にあることで掃除もしづらい」というデメリットもあります。そこで、LANケーブルを隠して見た目をすっきりさせてみましょう。ケーブルを隠す方法はいくつかありますが、よく使われている方法をご紹介いたします。

壁や天井の中に隠す

壁や天井に穴をあけて、その中に配線を隠してしまう方法です。この方法だと、他の部屋まで配線しても邪魔にはなりません。しかし天井裏などに配線するため、それなりの技術が必要となり難易度は高めです。また、賃貸の場合は天井や壁に穴をあけることができません。自分では自信が無い場合プロにお願いするのも方法ですが、費用がかかることもお忘れなく。

カーペットの下に隠す

LANケーブルの中にはかなり細いものがあります。カーペットの下に隠しても邪魔にならない「スーパーフラットケーブル」を使えば、ケーブルの出っ張りが気にならず隠すことができます。とは言え、カーペットの上は物を置いたり人が歩いたりもするので、消耗が激しくなってしまう恐れがあります。また、1つの部屋においてはこの方法が使えますが、別の部屋まで延長する時は、全てのLANケーブルを隠すことが難しくなります。

壁や天井の端に沿って這わせる

LANケーブルを壁や天井の端に沿って這わせてしまうのも方法です。壁や天井の中に隠すのとは違って、フックや両面テープなどを使うだけで簡単にまとめることができます。LANケーブルがむき出しのままでは見栄えが悪いというなら、モールを使って隠すのもおすすめです。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]