エアコンのルーバー交換は自分でできる?簡単にできる修理方法まとめ

  • LINEで送る

エアコンをある程度使っていると必ず出会う問題。それは吹き出し部分の板であるルーバーが動かなくなってしまうこと。最初はなんだかルーバーの動きが重たくなり、風向を自動にしているのに全然風の向きが変わらない、という程度の不調です。しかしその状態を放置するといきなりルーバーが壊れて一切動かなくなったりもするんです。暑い日や寒い日にこんなことになると最悪ですよね。エアコンのルーバーはこうなってしまうと交換するしかないのですが、その場合あなたは業者に頼みますか?それとも自分で直しますか?

エアコンの吹き出し口の板が動かなくなった!

出典:i.gzn.jp

エアコンの吹き出し口の板が動かなくなってしまうと困りますよね。一体なぜ動かなくなったのかも分かりません。

ルーバーが動かなくなった理由は?

そんな時に考えられる可能性は二つ。エアコンに接している部分のルーバーの部品が割れてしまった事、ルーバーを動かすモーターが故障してしまった事です。

ルーバーのモーター部分の交換についてはある程度機会に慣れている人でないと自分で交換するのは難しいようです。モーターの入手も難しいですし、配線部分などを触るので機会を触ることに自信が無い方は止めておきましょう。

ルーバーそのものの破損であれば交換は簡単です。作業があまりにも簡単なので、業者に任せるのはもったいないかもしれません。そもそもエアコンのルーバー部分はよく壊れるようなので、交換方法を覚えておくと今後も取り換える機会が出てくるかもしれません。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る