スピーカーをバイワイヤリングしても音が良くならない3つの理由!良音おすすめスピーカー

  • LINEで送る

チャンネルごとに1本のケーブルでスピーカーを接続する『シングルワイヤリング接続』とは異なり、『バイワイヤリング接続』はチャンネル1つにつき2本のケーブルでスピーカーを接続します。音にこだわる方から絶大な支持を受けている『バイワイヤリング接続』。通常、バイワイヤリング接続のスピーカーは音が良いと言われていますが、バイワイヤリング接続を実施しても音が良くならないこともあります。考えられる3つの理由とバイワイヤリング接続におすすめのスピーカーを紹介します。

理由1:シングル設計のスピーカー

出典:image.rakuten.co.jp

出典:livedoor.blogimg.jp

スピーカーには、バイワイヤリング対応型とバイワイヤリング非対応型があり、左右それぞれに1つずつの接続端子が付いているものは非対応型(シングルワイヤリング型)、左右それぞれに2つずつの接続端子が付いているものは対応型(バイワイヤリング型)と見分けることができます。

ですがバイワイヤリング対応型のスピーカーであっても、アンプ側の接続端子が1つしかない場合やケーブルが1本しかない場合は、『ショートジャンパー(ショートプレートとも呼ばれることがある)』や『ジャンパー線』を使ってシングルワイヤリング接続にすることができます。

シングルワイヤリング接続を想定した設計のスピーカー

スピーカーによっては、バイワイヤリング対応型のスピーカーであるにもかかわらず、シングルワイヤリング接続をしても良い音がでるように設計されたものがあります。

当然のことながら、このようなスピーカーの場合は、バイワイヤリング接続をしてもシングルワイヤリング接続とあまり音の差が感じられません。設計者の親切が、かえって迷惑となっているとも言えますね。

このような親切設計のスピーカーの場合は、接続方法を工夫しても音の変化はあまり見られませんが、シングルワイヤリング接続をしても音の広がりや低音域の深さなどを感じられるように作られていますので、バイワイヤリングにこだわらなくても音楽を充分に楽しむことができますよ。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る