コーヒーメーカーの仕組みとは?淹れ方の違いと味の特徴!

コーヒーメーカーにはさまざまなものがあり、手動でコーヒーを淹れるハンドドリップの手順が全自動になったものや、コーヒーのエキスが凝縮されたポーションを使ってコーヒーを淹れるものなどがあります。コーヒーメーカーの種類や、どのような構造になっているか、使い方などを紹介します。

さまざまなコーヒーメーカー

出典:www.babylovingmama.com

コーヒーメーカー

コーヒーの豆や豆を挽いた粉を使って抽出するコーヒーメーカーには大きく分けてドリップ式・サイフォン式・プレス式の3種類があり、それぞれの構造や特徴はこの後詳しく見ていきます。

エコポッドタイプ

コーヒーの粉が入っているパックをコーヒーメーカーにセットしてコーヒーを淹れることができ、1杯ずつ抽出するものや、保温瓶に作り置きをすることができるものなどがあります。スイッチを押してから抽出までの時間が短いので、手軽にコーヒーを飲みたいという方におすすめです。

カプセルタイプ

コーヒーのエキスの入ったカップをコーヒーメーカーにセットしてボタンを押すだけでコーヒーが抽出されます。ボタンを押してから約30秒でコーヒーを淹れることができるので、忙しい方やオフィスなどで来客の多い場所で活躍します。

また最近ではコーヒーだけではなく抹茶ラテやチョコレートドリンクのカップなども作ることができるものもあります。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]