電動歯ブラシには3種類ある!自分に合った電動歯ブラシを見つけよう

歯磨きは毎日しっかり行っているつもりでも、完全に歯垢を落とすのが意外と難しいものです。磨き残した歯垢は放っておくと固まって歯石となってしまいます。一旦歯石となって歯に沈着してしまうと通常のブラッシングで落とすことはほぼ不可能であり、歯科で歯石の除去をしてもらう必要があります。そのため歯の健康を考えるなら定期的に歯科検診に行くのが望ましいですが、歯石予防の歯垢除去には電動歯ブラシがかなり有効です。そして電動歯ブラシにはいくつか種類があり、選ぶ際には注意が必要です。

歯周病とは

完璧なブラッシングは難しい

歯垢とは歯に付いた食べ物の残りカスであり食後の歯磨きの際にキレイに掃除する必要があります。しかし歯垢をしっかり落とすような完璧な歯ブラシによるブラッシングは意外と難しいものです。

歯に沈着した歯垢は歯石となり歯周病に!

自分ではどんなに上手に磨いているつもりでも、どうしても歯垢は残ってしまうものです。そして歯に残ったままの歯垢は時間が経つと固まって歯石となってしまいます。歯石とは文字通り、石のように硬くなってしまった歯垢です。歯石になってしまうと非常に硬いために通常の歯ブラシで除去するのはほぼ不可能です。

出典:hanoblog.com

歯垢は口の中の唾液やカルシウムと結びついて固まり歯石となります。上記画像が歯石の無い健康な歯であり、下記画像は歯石が溜まってしまった状態の悪い歯です。

出典:hanoblog.com

歯周病予防には電動歯ブラシがおすすめ

歯石の中には細菌が繁殖して毒素を分泌します。その毒は歯茎を炎症させたり歯の土台となっている骨を溶かしてしまったりします。これが歯周病です。歯周病は悪化すると糖尿病、肺炎、骨粗しょう症、心臓病、脳卒中、などの合併症を引き起こす可能性もある怖い疾患です。

以上のことから歯垢は歯石になる前に毎日のブラッシングで除去することが望ましいです。しかしいわゆる手磨きでは完全な歯垢の除去は難しく、そこで多くの歯科医が推奨するのが、電動歯ブラシを導入して毎日の歯垢除去に努めることです。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]