SSDとWi-Fi~ポータブルストレージのメリット・デメリット

「SSD」という言葉は聞いたことがない、という人もいるかもしれません。ここではまず、「SSDとはどういったものか」ということを見ていきましょう。また、SSDは、Wi-Fiとも深いかかわりのあるものです。この2つはどのようにつながっているのか、どのように利用すればいいのかなどもあわせて解説していきます。

SSDとはどういうものか?

出典:pixabay.com

SSDとWi-Fiの関係を知る前に、まずは「SSDとはどういったものか」ということから考えていきましょう。

SSDというのは、「Solid State Drive(ソリッド・ステート・ドライブ)」の略称です。その基本的な役割は、HDD(Hard Disc Drive(ハード・ディスク・ドライブ)」とほとんど同じです。

さまざまな情報を記録したり、出力したりするときに役立つものであり、パソコンを日常的に使うのであればぜひ1台は持っておきたいものでもあります。

SSDのメリット

SSDも、「記録をし、情報を出力する」という意味では、HDDとほとんど変わりません。ただ、その仕組みはHDDとは大きく違います。

HDDは磁気製の円盤であったのに対して、SSDはメモリーチップによって記録を行っています。この原理は、持ち運びに便利なUSBと同じです。

このような特徴から、SSDは、HDDの問題点であった「駆動音」が起こりません。静かであり、異音が鳴らないのです。HDDの、あの記録するときの音に悩まされていた、という人にとっては、SSDは非常に魅力的な記録媒体と言えるでしょう。

また、従来型のHDDに比べて非常に軽く、呼び出しが早いという特徴があります。

SSDのデメリット

もっとも、SDDにも問題点はあります。一つが、「容量」の問題です。記録できる容量は、SSDに比べるとHDDの方が大きいと言われています。

また、SSDはまだ新しい技術であるためか、HDDに比べて価格が高いというデメリットもあります。

どちらがよい、悪いということではなく、それぞれに「特徴」があるため、自分に合った方を選ぶことが大切です。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]