外でデジカメのバッテリーが切れちゃった、こんな時に充電するにはどうすればいい?

  • LINEで送る

USB充電できるタイプのデジカメを使う

近年、USB充電ができるタイプのデジカメが販売されています。

出典:i0.wp.com

モバイルバッテリーが使える

USBで充電できるということのメリットとしてまず挙げられるのは、モバイルバッテリーが使えるということでしょう。

大容量のモバイルバッテリーを使えば、デジカメの充電だけでなくスマホやタブレットの充電も1つのバッテリーで全て賄うことができます。

スマホやタブレットを充電するときに使うモバイルバッテリーを使えることから、デジカメの専用ACアダプタやバッテリーチャージャーを持ち歩く必要がありません。その結果、外出時の荷物が減るという利点があります。

旅行などで遠出する際にも荷物がかさばらず、管理もしやすくなるため紛失するリスクも減るでしょう。

モバイルバッテリーとつなぐケーブルは、スマホやタブレットの機種によっては、充電するときに使うのと同じUSBケーブルを流用することもできます。

そのため、専用のACアダプタを使うときに比べて、ケーブルを新たに買う必要があるときでも比較的手に入れやすいというメリットもあります。

出典:www.yamakei-online.com

緊急時はコンビニでモバイルバッテリーを手に入れられる

また、モバイルバッテリーを持ち歩いていない場合でも、近年コンビニにはモバイルバッテリーを置いているので、それを買って充電するといった対応も取ることができます。

コンビニが扱うモバイルバッテリーには、使い切りタイプ、電池交換式タイプ、リチウムバッテリータイプ、コンセントタイプ、シガーソケットタイプ、ソーラータイプなどがあります。

1回充電したら終わりの使い切りタイプや、市販の単三電池などを使う電池交換式タイプは、長く使うのには適していませんが、安く手に入るので、外出先で本当に充電が必要で困ってしまったというような、いざというときには大変役立つことでしょう。

出典:like-apple.com

パソコンからも充電可能

他にも、USB充電できるということは、バッテリー内蔵ノートパソコンからも充電できるということです。

外出先で少し給電が必要となった場合、手持ちのノートパソコンにつないで少し充電するといった使い方ができるのです。

専用のACアダプタを必要とするデジカメよりも汎用性に長けたUSB充電タイプのデジカメは、外出先での使用に適したデジカメといえるでしょう。

デメリットはある?

反対に、USB充電のデメリットは、専用のACアダプタやバッテリーチャージャーよりも充電にかかる時間が長いという点が挙げられます。

総合的にみて

ただそのデメリットも、コンセントがある屋内において顕在化するデメリットといえることや、屋外においてはモバイルバッテリーが使えるメリットの方が遥かに大きいといったことから、USB充電が可能な機種を使う方が外出時の充電に関する悩みの多くが解消されるといえるでしょう。

出典:livedoor.blogimg.jp

《USB充電対応デジカメ》

【メリット】
●モバイルバッテリーが使える。
(緊急時はコンビニで売っているモバイルバッテリーを買って充電できる。)
●荷物が減る。
●ケーブルを手に入れやすい。
●パソコンから充電できる。

【デメリット】
●専用のACアダプタを使うよりも充電時間が長い



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]