デジカメで写真を撮るならRAW撮影!その魅力とは?

  • LINEで送る
       

RAW撮影・RAW現像の魅力③ 1枚の写真から様々なパターンの写真を作れる

出典:image.itmedia.co.jp

RAWデータは、色調補正などの現像処理を施して写真として仕上げる前の段階のデータなので、ひとつのRAWデータの処理の際に、調整の仕方を変えた様々なパターンの写真を作ることができます。

例えば、日が沈む時間帯の風景を撮ったときに、夕焼けの赤色を強調するのか暗くなりかけている空の青色を強調するのか、補正の仕方次第で複数のパターンの写真を仕上げることができます。

撮影の際に、同じ被写体で様々なパターンの写真を撮りたい場合でも、RAWで撮影すれば後で落ち着いて自分の好きな設定を施した様々なパターンの写真を現像できます。

また、こういった補正の際の設定されたパラメータを保存しておけば、他のデータの現像の際に適用することもでき、同じ様な補正をかけたいときのRAWデータを一括で現像することもできます。



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る