デジカメで写真を撮るならRAW撮影!その魅力とは?

  • LINEで送る

デジタルカメラで写真を撮るとき、最適な設定が分からなかったりして思い通りの写真が撮れなかったり、設定にもたついていてシャッターチャンスを逃してしまったりしたことはないですか?RAWで撮影すると、後で落ち着いて自分好みの補正ができるので、写真撮影の際にシャッターチャンスに集中することができます。その他にもRAW撮影・RAW現像には様々な魅力があり、やり方を覚えることで、写真の楽しみ方の幅が広がることは間違いなしでしょう。

RAW撮影・RAW現像とは?

出典:silkypix.isl.co.jp

JPEGとRAWデータ

デジタルカメラは、レンズで捉えた光をカメラ内部にあるイメージセンサーという装置でデジタルデータ(光の強さの値)に変換し、色合いやシャープネス、コントラストなどの調整を行って、普段見ているような画像ファイルとしてメモリに保存しています。

このようなデータの調整後に保存された普段見ている画像ファイルは、JPEGと呼ばれるファイル容量が軽くて汎用的なファイルです。

画像ファイルとして完成されているため、PCやスマホ、タブレットなどでも閲覧することができます。

一方、レンズで捉えた光をイメージセンサーでデジタルデータ化しただけの調整を行っていないデータをRAWデータ(RAW=英語で「生」という意味)といいます。

画像ファイルとして調整されていないため、単なる電気信号でしかなく、RAWデータはJPEGへ加工される前の未加工の素材データということになります。

撮影時にレンズで捉えた光の情報をデジタルデータとして保存しているだけなので、そのままでは画像として見ることはできませんが、専用のソフトを使ってデータを画像として見られるようにする「現像」の工程を経ることで、完成した画像として閲覧できます。

出典:c2.staticflickr.com

画像にはどんな違いが出るの?

JPEGは、人の目が画像を見るときの特徴を利用することで画像の見た目はそのままに、データを圧縮しているため、非常に小さなデータ容量となってメモリーカードやハードディスクを圧迫することがありません。

しかし、圧縮によってデータの一部を切り捨てているという事実がある以上、色調補正などの処理を加えると画像が劣化するという欠点や、カメラ内部で既に画像処理が施されていることから撮影したときの状態に戻すことができないといった欠点を含んでいます。

反対にRAWデータは、撮影したときの光の情報を加工せずに全てそのままに保存しているので、JPEGよりもデータ容量は大きくなりますが、専用のソフトを使って現像することで高画質な写真に仕上げることができます。

1,600万画素でJPEGのデータ容量が4MBになるのに対して、RAWデータを現像した画像の容量は16MBになります。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る