デジタルカメラの「通信機能」を上手に活用すれば、写真の楽しみ方が広がる!

  • LINEで送る

スマホの発達とスマホに搭載されているカメラの性能向上により、日常においてはデジタルカメラよりスマホを使う人が増えています。しかし、デジタルなカメラにおいて、イメージセンサー(撮像素子)のサイズの大きさが画質の良さを左右するので、デジタル一眼レフのようなレンズを取り換えて撮影する本格的なカメラや、レンズは取り換えられないけれど手軽で簡単に高画質な写真を撮影できるコンパクトデジタルカメラは、記念日や旅行での撮影においては依然として人気が高いです。そういったデジタルカメラに近年Wi-fi通信機能が搭載された機種が販売されており、それを使うことで撮った写真の楽しみ方が広がっています。

撮った写真をスマホに転送。メールやSNSを使ってその場ですぐに共有!

出典:image.itmedia.co.jp

撮った写真をスマホへ楽々転送

Wi-Fiや近距離無線通信NFCといった通信機能を搭載したデジタルカメラを使うことで、スマホで撮るよりも高画質な写真をスマホで撮った写真と同じ手軽さでメールやSNSを使ってその場で共有することができます。

これまでデジタルカメラで撮った写真は、SDカードに保存された写真を一度PCに取り込んでからネット上で共有をする、又は、microSDとアダプターを組み合わせて使っている場合、保存された写真が入ったmicroSDをカメラから取り外してスマホやタブレットに入れて取り込み、ネット上で共有をする、といった手間がかかりました。

また、SDカードやmicroSDは、不具合によってデータが消えてしまうといったリスクもありました。

しかし、通信機能を備えているため、そういった手間を省き、SDカードやmicroSDの不具合によるデータの消失といったリスクも無くし、写真を撮ったその場でネット上での共有が可能となります。

通信機能があるカメラ同士も送受信可

また、同じく通信機能が搭載されたデジタルカメラへ通信によってデータを渡すこともできます。

そのため、カメラごとに同じ写真を繰り返し撮る必要もなく、撮った写真をその場で欲しい人に共有することも可能です。

スマホや携帯に搭載されているカメラよりも遥かに高画質な写真を、撮ったその場で手軽に家族や恋人、友人たちと共有できるのは通信機能を備えたデジタルカメラの大きな魅力といえます。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る