スッキリわかるLANケーブルの結線方法

  • LINEで送る

LANケーブルの結線に必要なもの

コネクタ、ケーブルの他に必要なものは、外皮むき工具、かしめ工具、テスターです。

出典:zigsow.jp

「コネクタ」
LANケーブルの場合、コネクタはRJ-45タイプのものを使用します。コネクタには「単線仕様」と「ヨリ線仕様」がありケーブルの仕様にあわせて選びます。コネクタには1ピースのものと、複数のピースで構成されているものがあり、コネクタに精度を要求する場合、複数のピースのタイプを使用します。

出典:image.itmedia.co.jp

「ケーブル」
ケーブルには「単線仕様」と「ヨリ線仕様」があります。

・単線仕様
ケーブル内部の導体と言う8本の線が単線構造になっています。導体が太く通信性能が高いこと、構造が簡単なので安価というメリットがあります。しかしケーブルが硬いため狭い場所で折り曲げて使用しにくいデメリットがあります。

・ヨリ線仕様
導体がヨリ線構造、つまり非常に細い線が合わさって1本の導体を構成しています。ケーブルが柔らかいので取り扱いしやすいメリットがあります。しかし通信性能の面で単線に劣ること、また高価であるというデメリットがあります。

またケーブルは伝送速度や伝送帯域によってクラスが分けられています。家庭での一般的な用途なら一番下のクラスの「Cat5e」で十分です。他に「Cat6」「Cat6A」「Cat7」があります。

「外皮むき工具」
LANケーブルの外皮をむく専用の工具で、あれば導体を傷つけることなく快適に作業できます。カッターナイフやハサミ、ニッパー等でも代用できます。

「かしめ工具」
コネクタとケーブルを圧着するときに使用する工具です。8本の導体がきちんと結線されている必要があるので精度が求められます。専用工具は高価ですが、必要なものなので準備しましょう。

出典:image.rakuten.co.jp

「テスター」
ケーブルとコネクタを結線した後で、正しく結線できているかを検査する道具です。



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る