デスクトップの不調で「電源ユニット」を疑った方がよい7つの症状

デスクトップPCを使用していて、突然電源が落ちてしまったり、PCが起動しなくなったりのトラブルに見舞われたことはありませんか?PCに詳しくない人だと、PCの寿命かなと思ってPC自体の買い替えを考えてしまうかもしれません。しかし多くの場合、電源ユニットというパーツが故障の原因であり、電源ユニットさえ交換すればPCを復活させることができます。そこで今回は、どんな症状の時に電源ユニットを疑えばいいのかを紹介します。

電源ユニットとは?

出典:livedoor.blogimg.jp

そもそも電源ユニットとは何かと言うと、デスクトップPCの各パーツへ規定の電圧・電流で電気を供給するための部品のことです。

コンセントから伸びる電源ケーブルと直接繋がるパーツが電源ユニットであり、この電源ユニットを通してマザーボードを始めとした各種PCパーツへ電気を送ります。

パソコンは電気で動くわけですから、電気が無ければ何も始まりません。つまり電源ユニットとは、PCの動力源となる最重要パーツなわけです。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]