CPUの「ビープ音」はどうすればいい?BIOSごとの原因と対処法

パソコンの電源を入れた時に、「ピピピ」という警告音が鳴って驚いたことがありませんか?これは「ビープ音」と言って、パソコンに何らかの異常があることを知らせてくれる機能です。パソコンを自作したことがある人もない人も「CPU」という言葉を聞いたことがあることでしょう。「CPU」はパソコンの「脳みそ」のようなもので、一番大切で高価な部分です。このCPUに異常があるとパソコンは使い物になりません。ではCPUの異常はビープ音で知らせてくれるのでしょうか?今回はCPUとビープ音の関係について調べてみました。

CPUの異常を知らせるビープ音はBIOSによって異なる

BIOSとはコンピューターの電源を入れたときに実行されるプログラムのことです。マザーボードという電子回路の基盤にROMチップがあり、そこにBIOSのプログラムが内臓されています。主に2種類のBIOSがあり、種類によってビープ音も異なります。CPUに何らかの異常がある時にも。ビープ音で警告してくれます。

出典:blog-imgs-82.fc2.com

BIOSの種類

・AWARD BIOS
・AMI BIOS
ほとんどすべてのパソコンに内臓されているBIOSはこのどちらかであり、パソコンの設定を変更したり、ハードウェアの異常をビープ音で教えてくれます。

UEFI

近年ではBIOSに代わる新しい起動プログラムとして、「UEFI」を導入しているパソコンが増えてきました。UEFIはBIOSよりも機能が強化されていますが、ビープ音によって警告を発してくれる点は同じです。しかしビープ音のパターンは2種類のBIOSとも異なっています。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]