シェーバーでかっこよく髭を整えるには?トリマー機能搭載シェーバーのすすめ

  • LINEで送る
       

トリマー機能付シェーバーを選ぶ際のポイント

■アタッチメントの数(長さ)が豊富な物を選ぶ

出典:wahlglobal.com

人によってどのような髭にしたいのかは異なりますので、一概には言えませんが、基本的にはアタッチメントの数や種類は豊富な方が良いです。

お勧めとしては、2mm、4mm、6mmの各長さのアタッチメントが付属しているものを選びましょう。

綺麗に髭を整えるには、複数の長さのアタッチメントを部分部分で使い分ける必要があります。

アタッチメントの種類が少ないとこの使い分けに支障を来たし、髭のグラデーションが上手く行かなくなります。

■細かな部分の手入れ用のアタッチメントが有る物を選ぶ

髭の生え際やもみ上げ、鼻のすぐ下の部分など、髭の手入れでは狭い箇所での操作や細かなトリムが必要になります。

そのため、細かなトリム用の専用アタッチメントが付属している物を選びましょう。

中には専用のアタッチメントに分かれておらず、他のアタッチメントや本体の逆側などにそのような機能が備わっている製品もあります。

使い勝手は人によって好みが分かれると思いますので、できれば実機を直に触って確認したいところです。

■ヘッド・刃部分は小さめの物を選ぶ

出典:kaden.watch.impress.co.jp

普通のシェーバーの場合は、ヘッド部分が大きい方が一度に広い面積を剃ることができて便利です。

しかしトリマーに関しては、ヘッド部分が大き過ぎると細かな手入れが難しくなりますので、あまり大き過ぎない物を選んだ方が良いです。

■丸洗い・水洗いOKな物を選ぶ

髭の手入れは毎日行うものですので、シェーバー自体のメンテナンスのし易さもポイントになります。

丸洗い可能な製品なら、忙しい毎朝でも手軽にサッと洗うことができます。面倒な手間を減らすためにも、丸洗いOKな製品を選びましょう。

たとえ丸洗いは無理だとしても、ヘッド部分の水洗いは最低でも可能な物にしましょう。



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る