電動歯ブラシは口臭に効果的?口臭の原因や効果のまとめ

  • LINEで送る

人間には体臭があるように少なからず口臭があるもので、食べたものや口内環境、体の調子などさまざまな要因が口臭に深く影響しています。しかし口臭がきついと対人関係に悪影響を与えてしまうなど、何一つ良いことはありません。また口臭がきついということは歯磨きの仕方が正しくない、体の調子が悪くなっているなどのサインでもあるので、口臭の原因について知識を深めながら、電動歯ブラシを使うとどのような効果があるのかを確認していきましょう。

口臭の原因とは?

自臭症

自分の口臭が気になるという方の約30%は自臭症だといわれています。

自臭症とは口臭に神経質になりすぎていることによって、口臭がないのにも関わらず自分で過度に気にしてしまうことがあります。

また普段は口臭を感じない人でも、食べたものや体調によっては一時的に口臭を感じることがあるので、一時的な変化を気にしすぎないようにしましょう。

食べ物

お酒を飲んだ後やニンニクを食べた後、タバコを吸った場合には口臭がきつくなるといわれており、基本的に食べ物が原因の時には口臭を防ぐことはできません。

そこでガムを噛んで唾液の分泌を促す、緑茶を飲むなどの対策方法がありますが、原因を絶ったわけではないのであくまでも一時的な効果しか見込めません。

唾液の減少

口臭の原因の多くは、口の中で細菌が発生させる「揮発性ガス」というものです。

唾液には口の粘膜を保護したり口腔内を殺菌する作用があるので、口臭の原因となる雑菌の繁殖を抑えてくれます。

例えば体調不良・緊張・加齢・薬の副作用などによって唾液は減少してしまいます。

水分をしっかり摂取する、食事を摂るときにはよく噛む、ガムなどで一時的に唾液の分泌を促すなどの方法で口の中が潤っている状態を保つようにしてください。

虫歯・歯周病

虫歯ができていたり、歯周病になっていたりすると口の中が不衛生になってしまい口臭がきつくなることがあります。

とくに虫歯は痛みを感じて歯科を受診する方が多いのですが、歯周病などは歯科医に見て貰わなくては判断できないこともあります。

治療をしてもらうためだけではなく口の中の健康チェックのためにも、歯科の定期検診を受けるようにしてください。

歯垢・舌苔

口臭の大きな原因となる揮発性ガスは、口の中の雑菌が発生させるものです。

歯垢がたまっているなど口の中が不衛生な状態では雑菌がどんどん繁殖してしまい口臭もきつくなってしまいがちです。

また舌の表面に付着している舌苔(ぜったい)も口臭の原因となるため、歯磨きの際に舌も磨くようにすると口臭予防になります。

出典:uploads.ishamachi.com

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る