電動歯ブラシを使うと脳が活性化する?意外なメリットと注意点

電動歯ブラシは振動により歯垢であるプラークを除去してくれます。たったの1分間で数万回ブラシが振動し、手磨きの場合よりもはるかに効率的に歯垢を除去することができます。また、手動での歯磨きではきちんと磨きにくい奥歯や、歯と歯茎の間などの歯垢も手軽に除去できて使用する人も増えてきています。ですが、超音波や振動が人の脳に悪い影響を及ぼすことは無いのでしょうか?とても気になったので調べてみました。

電動歯ブラシの超音波は脳への影響なし

出典:images-na.ssl-images-amazon.com

超超音波の電動歯ブラシには、超音波発生装置が搭載されています。超音波には、周波数の幅があるようで、またその効果もいろいろ違うようです。一般的な超音波歯ブラシの振動数は1万7000回、振動幅は0.2mmという微幅になっています。

超音波の熱的な安全性の指標として表せられる「TI(thermai index)」は生体内組織の温度を1℃上昇するのに必要な出力に対する全超音波出力の割合になり、医療用の高出力超音波機器ですらTIもMI同様に1.0以下ていどのパワーしか計測できません。

歯のような場所に振動を与える周波数は、遥かに小さく、パワーの計測すらできません。心配には及ばないということです。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]