冷凍庫掃除の基本は霜取りとお湯拭き!正しいメンテナンスの手順

  • LINEで送る

冷凍庫は普段あまり掃除しない場所ですが、掃除をしないでおくと汚れがついてべたべたしたり、霜で調子が悪くなったりします。掃除をしないでおいて氷に臭いが付いてしまうと、飲み物がまずくなります。最低でも年に一度、それから汚れや臭いが気になったときなどには、徹底的にお掃除をしましょう。冷凍庫を掃除する時には事前に霜取りをしておくと掃除が楽です。柔らかくなって霜はヘラなどでこそげ落とせますので、きれいに取ってしまいましょう。ここでは冷凍庫のお掃除のコツや気を付けることを見て行きます。

冷凍庫掃除の仕方(1)準備

出典:img01.naturum.ne.jp

冷凍庫は開け閉めの時に空気が入り、湿気が霜になります。霜が固まるとドアが閉まらなくなり、また余計に霜が付きます。霜を放置しておくと故障の原因にもなりますので、冷凍庫の掃除のときには、できるだけ霜取りもすることをおすすめします。

冷凍庫掃除の準備

冷凍庫をお掃除する時には、事前に予定を立てて徐々に中身を減らしておきます。片付け切れなかった冷凍食品は、掃除の間クーラーボックスや発泡スチロールの箱などに氷と一緒に入れて置きます。

霜取りモードにしておく

事前に霜が溶けていれば掃除はかなり楽です。霜取りモードがあれば活用しましょう。固まりになってしまった霜は、霜取りモードなどで少しゆるくなっていると、取るのが楽です。冷凍庫を買ったときに付いてきたプラスチックのヘラなどで、壁と霜の固まりの間にすき間を作るとポロポロと取れます。プラスチックのヘラが無かったら代用になるものを探します。

くれぐれも冷凍庫の壁に傷を作らないようにして作業をして下さい。アイスピックなどの壁に傷をつけてしまいそうな道具はできるだけ避けた方が無難です。

コンセントを抜く

コンセントを抜いて30分ほど置くと、固まりの霜も柔らかくなります。霜の固まりと冷凍庫の壁の間にプラスチックのヘラを入れて、霜をはがしていきます。掃除の間電源を抜きたくない時は、手早く掃除しましょう。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る