電動歯ブラシ向けの歯磨きは研磨剤ナシを使おう!歯磨き粉の種類と選ぶ時の5つの目安

毎日の歯磨きを手動で行うのと、電動歯ブラシを使うのとでは、少し前までは電動で動くか自分の手で動かすかの違いでしたが、最近は電動歯ブラシの機能が進化して歯を磨くこと以外の効果も認められています。電動歯ブラシは微動で振動する事で、歯ぐきのマッサージや振動により刺激され、唾液の量が増える事により、水流が歯と歯間の歯垢を洗い流してくれるなど、手動磨きでは出来ない効果があります。電動歯ブラシを使用するときには、歯磨き粉は必要でしょうか?それとも必要ないのでしょうか?どの様な歯磨き粉が最適なのを調べてみました。

電動歯ブラシに向いている歯磨き粉とは

出典:shikazemi.net

電動歯ブラシの場合、基本的に歯磨き粉はつけなくても大丈夫ですが、手動磨きだった場合、爽快感が得られないかも知れません。もし、物足りなさを感じるのなら、研磨剤が入っていないもの、もしくは低研磨剤の歯磨き粉を使ってみましょう。手動で磨くときの歯磨き粉でも問題はないと思いますが、 泡立すぎて少々使いにくい面もあります。

研磨剤の入っていない歯磨き粉を使いましょう

出典:www.white-family.or.jp

研磨剤の効果として、食事や喫煙などで歯の表面に付着した着色を落とす為に配合されています。一般的な歯磨き粉にはほとんど、研磨剤は含まれています。特にホワイトニング効果のある歯磨き粉には、多めに配合されています。

そういった歯磨き粉は手動での歯磨きに向いています。ですが、電動歯ブラシは手磨きでは再現できない程の微振動により、多い回数で歯の表面を磨いています。そのうえ、研磨剤で磨くと歯の表面を傷つけてしまう危険性もあります。

発泡剤が使われていない歯磨き粉を使いましょう

出典:shisyubyo-kai.com

歯磨きをした時に出る泡は発泡剤によるものです。電動歯ブラシは、微振動で歯を磨いてくれるので、その振動により唾液の量が増えます。発泡剤が入っていると、口中が泡だらけになってしまい、かえって磨きにくくなってします。

また、泡立ちが多すぎると、細部がキレイに磨けませんし、磨ききれていないのに磨いた様な気分になり、磨き残しの原因にもなりかねません。

フッ素の入った歯磨き粉を使いましょう

出典:up.gc-img.net

基本は電動歯ブラシで磨く場合は、歯磨き粉は必要有りませんが、ほとんどの歯磨き粉にはフッ素が含まれています。フッ素は虫歯予防には欠かせない成分です。

歯磨き粉を使わない場合は歯磨き後、フッ素洗口をしておきましょう。「ジーシー」という、フッ化ナトリウム洗口液は1,000円程度で購入できますし、通販サイトでも手に入ります。

出典:www.tanakadental.co.jp

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]