ビデオカメラでキレイな映像を撮るためには「三脚の使い方」が肝になる!

1236

三脚は手ぶれやピンボケを防いだり、腕が疲れるのを防いだりしてくれますが、ただ単に乗せてビデオを撮影するだけの道具ではありません。ビデオカメラの大きさや撮影するシーンによってそれぞれに合った三脚を使用することでよりきれいな映像になります。今回はビデオカメラの三脚の上手な使い方についてまとめてみました。

三脚の基礎知識

出典:pds.exblog.jp

基本的に三脚はカメラ用とビデオカメラ用で区別されていないので、ビデオカメラを撮影する時もカメラ用の三脚が使えます。

三脚は2つの部品で構成されていて、3本足の部分が「三脚本体」または「脚部」、ビデオカメラを乗せて固定する部分が「雲台」または「ヘッド」「パンヘッド」と呼ばれています。

ほとんどの三脚がこの二つの部品を離すことができるようになっていて、これは使用するビデオカメラによって2つの部品の組み合わせを変えることができるようにするためですが、これこそ三脚でビデオカメラを撮影する楽しさともいえるでしょう。

雲台の選び方

出典:livedoor.blogimg.jp

雲台には実に様々な種類がありますが、選び方のポイントとなる「形状」は大きく分けて3種類になります。

3WAY雲台

最も一般的な三脚で、前後の動き、左右の回転と傾きの3つがそれぞれ動かせるようになっていることから「3WAY雲台」と名付けられました。

ハンドルが付いていて、前後左右の動きはそれぞれのハンドルで行います。