ドリップ式コーヒーメーカーのお手入れ方法!カビへの対策には酢が有効!

朝や食後などにコーヒーを飲んでいる方の中にはセットするだけで手軽にコーヒーを淹れられるコーヒーメーカーを使っている方がいます。しかしコーヒーメーカーは水を使うものなので、お手入れを怠るとカビが繁殖するなど健康上のトラブルを引き起こしてしまいます。ドリップ式のしくみとお手入れ方法を知って、コーヒーメーカーを安全に使っていきましょう。

コーヒーメーカーの種類

出典:shopping.c.yimg.jp

ドリップ式(レギュラーコーヒー専用)

ドリップ式コーヒーメーカーは、ドリッパー部分にフィルターを敷いた中に挽いたコーヒー豆を入れ、さらにタンクに水を入れてスイッチを押すだけでコーヒーが抽出されるというものです。豆の種類によって味や風味が違うので、コーヒー豆の産地、ブレンドなど好みのコーヒーを楽しむことができます。

またフィルターを紙フィルターにするか、ネルドリップ(布製)にするかなど、フィルターの選択肢も広がるので自由度が高い製品です。

抽出方法は、コーヒーメーカーのタンクに入っている水を加熱パイプへ送り、水を沸騰させてコーヒー粉の入っている部分へ少しずつ入れ、下にあるポットへ抽出したコーヒーを落としていくしくみです。ハンドドリップの手順が自動になったものなので構造は難しいものではありませんが、ただしコーヒーを受けるポットや水のタンクを洗うなど定期的なお手入れが必要です。

出典:thumbnail.image.rakuten.co.jp

エコポッドタイプ

コーヒーの粉が入っているパックをコーヒーメーカーの本体にセットしてボタンを押すと、セットしたコップやタンブラーにコーヒーが抽出されるものです。コーヒーだけではなくエスプレッソマシンとしての機能も備えている機種が多いのが特長です。

ゴミはコーヒー粉の入っていたパックを捨てるだけなので片づけが楽です。また定期的に洗うのも水を入れるタンク部分だけなのであまり手間がかかりません。

出典:salethefashion.com

カプセルタイプ

コーヒーエキスを濃縮した液体カップをコーヒーメーカーにセットしてボタンを押すと、コーヒーが注ぎ口から出てきます。カプセルタイプはボタンを押してから抽出されるまでに時間がほとんどかからないため、飲みたいと思った時に気軽に使うことができます。さらに急な来客にも対応することができるため、オフィスなどでも使われていることの多い製品です。

また液体カップにはコーヒーの味もさまざまなものが出ているほか、紅茶や緑茶、抹茶オレなども楽しむことができます。抽出後はカプセルを取って捨てるだけで、お手入れはカプセルを入れるホルダーや水のタンクを洗うだけなのでメンテナンスも簡単です。

出典:nestle.jp

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]