食洗機へのお皿の並べ方3つのルール!手早く家事を終えるコツ

  • LINEで送る
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

「食洗機を使って家事を早く終わらせたいけれど、お皿を並べるのに手間取ってしまう・・・」そんな悩みを抱えている方!また、「食洗機を使っても汚れが落ちていない!いったい何が悪いの?」と開き直っている方!お皿の並べ方さえマスターすれば、時間短縮も汚れ落ちアップもどちらも叶えることができるのです。食洗機に入れるお皿の並べ方とコツについて徹底的に見ていきましょう。汚れ落ちがアップするオススメ洗剤も紹介します。

基本中の基本!食洗機の食器の並べ方

食洗機に食器を並べるときには、守らなくてはいけないルールがあります。ルールに沿った並べ方をしていないと、食洗機の性能がどんなに良くても、洗剤の効果が素晴らしいモノであっても、食器の汚れを落としきることができません。食洗機の食器の並べ方のルールをご紹介します。

出典:crysta.lion.co.jp

並べ方ルール1:水の噴射口に汚れを向ける

食洗機は、ほとんどのものが底部に水の噴射口と対流を起こすプロペラがついています。汚れに下からアタックする仕組みになっていますので、汚れているお皿の内側を下に向けるように傾けて並べていきましょう。

並べ方ルール2:小さい食器を中央部に

大きい食器やフライパン、鍋のふたなどを食洗機の中央部に配置すると、それらの大きな食器や調理器具が水流をさえぎってしまい、他のお皿やカトラリーを洗浄することができません。小さい食器を中央部に、大きい食器や調理器具はそれらの上からかぶせるように並べるのが鉄則です。

並べ方ルール3:重ねた部分を最小限に

当然ですが、食器が重なった部分には水流も洗剤も入りこむことができません。基本的には食器は重ねないように、大きい食器や調理器具を中小サイズの食器にかぶせるときは、重ねる部分が最小限になるように配慮しましょう。

慣れていないうちは思考錯誤して手間がかかってしまいますが、ルールが身につくと簡単に汚れが落ちる方式で並べることができます。二度洗いしなくても済むように、ルールを守って正しく並べていきましょう。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る