一眼レフのRAWファイルのメリット・デメリット!撮影で失敗しない形式の選び方

一眼レフカメラを扱いだしたばかりの方にとって、操作もままならない状況の中で、初期設定のままJPEG形式で撮影している方も少なくないと思います。RAW(ロウ)現像を理解し、上手に活用すれば、理想の1枚を撮る為のスキル向上に繋がります。RAWとJPEGの違いについて見ていきましょう。

一眼レフカメラのRAWとJPEGの違い

出典:visualhunt.com

RAW(ロウ、ロー)とは英語で『生・未加工』という意味を含む通り、カメラ内部に光を取り込んだ記録そのままの状態を表します。そしてRAWで保存した記録を元に加工、変更されたものが『JPEG(ジェイペグ)』形式となります。

RAWとJPEG形式の違いは、例えるならRAWが調理前の食材の状態、JPEGが食材を元に作った料理といったところです。通常はSDカードなどにRAW形式で保存されることは無い為、事前にRAW現像ソフトを用いたり、事前に設定が必要となります。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]