CPUファンに溜まった「ほこり」を掃除する方法と注意点

仕事やプライベートで使うパソコン。パソコンは使ううちに、データがどんどん蓄積されて、動きも遅くなってしまいます。動きが遅くなると、パソコン内のデータを削除したり、不要なアプリを整理したりするはずです。しかし、パソコンのデータは定期的にキレイに掃除をしても、パソコン本体を掃除しているという人は少ないのではないでしょうか。特にCPUファンにはほこりが付着しやすく、放っておくと故障の原因にも繋がります。そこで今回は、ほこりがたまりやすいパソコン内部の掃除方法をご紹介いたします。

パソコン内部にほこりがたまるとどうなるの?

出典:pcsfield.com

パソコンの内部は、ほこりがたまりやすい場所になります。特にCPUの部分にはCPUファンと呼ばれる送風装置が取り付けられているため、モーターが回転することでほこりも付着しやすくなるのです。そこでパソコンの内部にほこりがたまると、どんな影響があるのか確認してみましょう。

パソコン内の温度が上昇する

パソコン内にほこりがたまると、パソコン内部の空気がスムーズに流れず、熱を外へ出すことができなくなってしまいます。するとパソコン内部の温度が高くなり、CPUやメモリなどに影響を与えて動きが重くなるのです。また、基盤や回路にほこりが直接付着すると、ショートや破損の原因にもなるので注意する必要があります。

音がうるさくなる

CPUファンは、最もほこりがたまりやすい部分です。そこにほこりがたまると、パソコン内部の熱がこもり、冷却しようとしてCPUファンが回転を速めます。そのため、いつもよりもファンの音が大きくなるのです。そのまま使い続けると、CPUの冷却がスムーズに行われなくなり、ハードディスクにも悪影響を及ぼしてしまいます。

パソコンが起動しくなることもある

ほこりがたまるのはCPUの部分だけではありません。CPU部分ほどではなくても、メモリやマザーボードにもほこりは付着します。そのままにしておくと、パソコンが機能しないという最悪の状態にもなるかもしれません。

パソコンの内部はモーターを使っているため、どうしてもほこりが付着しやすくなります。パソコンの本体が異常に熱い、モーターの音が大きくなったという時は、パソコン内部のほこりが原因の可能性が大きく考えられます。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]