その加湿器、もしかしたら雑菌をバラまいてるかも!?そうなる前の対処法

  • LINEで送る

冬になると大活躍の加湿器。風邪の予防に欠かせない人も多いのではないでしょうか。でも、その加湿器が原因で病気になってしまうこともあるってご存じでしたか?加湿器が雑菌をばらまいて、それを長い期間吸い込むことでなってしまう加湿器病。それだけでなく、お部屋にずっと湿気があることでカビが繁殖してしまうこともあるのです。健康のために加湿器を使うのに、それで病気になっては加湿器を使うかいがありませんよね。ここでは加湿器がばらまいてしまう雑菌について知り、対策やお掃除の方法などを見ていきましょう。

1, 加湿器がばらまく雑菌が怖い!

出典:item.shopping.c.yimg.jp

風邪の予防に加湿器を使う方、多いですよね。

加湿器のスチームがふわんふわんと漂っていると、のどがしっとりして、良い感じになります。

でも加湿器の中で雑菌が繁殖することがあるのはご存じですか?

あまりお掃除をしないで使い続けると、中で繁殖した雑菌を水分と一緒にお部屋いっぱいにばらまいてしまうのです。

加湿器のタイプ別に、雑菌ばらまきの危険性を見てみましょう。

スチーム式

水を加熱して水蒸気にして放出するタイプの加湿器です。

加熱するので他のタイプに比べて一番雑菌が少ないのですが、水をつぎ足しで使い続けると中で菌が繁殖します。

超音波式

超音波で水を砕いて、吹き飛ばす方式です。

水をそのまま飛ばすので、雑菌でも何でも水の中に入っているものを撒いてしまいます。

水の中の成分を取り除いてから送り出す方式の製品もありますので、良く読んで選びましょう。

気化式(ヒーターレスファン)

加熱しないで、風の力で水を蒸発させる方式です。

冷たくて湿気を多く含んだ空気が部屋に送り出されます。

加熱しないので殺菌はしません。

ハイブリッド式(ヒーター+気化式)

ハイブリッド式にはヒーターと気化式を組み合わせたものが多いのですが、メーカーによっては違う方式を採用しているところもあります。

気温によって加湿の方法が切り替わるタイプもありますし、加熱するタイプでも温度が低くて殺菌にはならない場合もあります。

2, 加湿器が原因の雑菌が怖い!

出典:kabi.co.jp

加湿器が原因になって雑菌が繁殖してしまう場合、その雑菌はどこに潜んでいて、どんな風にばらまかれるのでしょうか。

また、それでどんな病気になるのでしょうか。

加湿器が原因の雑菌はどこに?

加湿器が原因で繁殖するのはカビなどの雑菌です。

水さえあれば繁殖しますので、常に水がある加湿器の中の環境は雑菌の温床になります。

加湿器の水の中、フィルターやスポンジなどで繁殖した雑菌は、水分と一緒に部屋の中に撒かれて、たどり着いたところで増えてしまいます。

それをずっと吸い込み続けると、病気になってしまうのです。

雑菌が原因の加湿器病とは?

加湿器を使い続けるとなる加湿器病というのは、「過敏性肺臓炎」という名前の病気で、雑菌を吸い込み続けると肺の中でアレルギー反応が起こる病気です。

体がだるい、咳が長い間続く、微熱が引かないなどの症状が出ます。

気管が腫れて呼吸が苦しくなったりする場合もあります。レジオネラ菌という菌が原因と言われています。

どんな人が危ない?

赤ちゃんや体力のない人は、ごくまれですが死亡にいたる場合もあります。

風邪に良く似た症状なので、気が付かずに重症になってしまうこともあります。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る