空気清浄機はどれがいい?メーカートップ3の特徴を比較!

従来は春になるツライ花粉症対策として用いられていた空気清浄機ですが、近年は海を越えて日本にやってくるPM2.5などの大気汚染対策として購入する家庭が増えています。家電売り場には花粉だけでなく、アレルギーの原因となるカビの浮遊を抑える効果をうたった空気清浄機がそろっています。本格的な花粉シーズンには品薄になる空気清浄機の人気トップ3のメーカーを比較してみます。

1 人気があるのはどのメーカーの空気清浄機?

空気清浄機を取り扱う家電メーカーは多くありますが、家電量販店でもネットショップでも<シャープ>、<ダイキン>、<パナソニック>が上位を占めています。

出典:www.hotelagora-moriguchi.com

この3社は空気清浄機の性能の高さはと、それぞれ認知度の高い独自の機能で人気があります。<シャープ>の『プラズマクラスター』、<パナソニック>の『ナノイー』はテレビのCMでも有名です。一方、<ダイキン>の『高速ストリーマ』は他の2社に比べ知名度は低くなりますが、工場や、医療機関、公共施設などで採用されることが多く信頼性が高いため家庭用の空気清浄機でも人気があります。

これらの独自機能に加え、集じん方式や、吸気の方法などメーカーごとの特徴を比較していきます。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]