CPUが認識しない!こんな時の原因とその対処法

  • LINEで送る

デスクトップパソコンやノートパソコンが遅くなったと感じて、メモリ増設やCPUのアップグレード交換をされた方も多いと思います。その中で交換したパーツが認識しないといったことが発生しないとは限りません。今回は、このような認識しない状況になった場合の対応方法については、ご紹介いたします。

認識しない場合の理由で多いもの!

出典:faq.epsondirect.co.jp

CPUやメモリの交換をする場合、事前に交換前のパーツのスペックを調査・確認して、交換可能なパーツ候補を調査します。

調査段階で、以下の各項目を確認すると思います。

・パソコンのBIOSに対応しているか?
・交換したCPUの発熱に現在の冷却システムが対応できるか?
・チップセットが交換後CPUに対応しているか
・「ソケット形状」「クロック数(FSBとも呼ばれます)」「コア名称」が合うパーツをピックアップ

パーツ交換事例が多数公開されていますので、その事例に基づき進める方も多いので、あまり心配ないと思いますが、このような手順で交換作業を進めても、100%大丈夫とは限りません。例えば、パーツを交換してあと正常動作し、次の起動時にBIOSエラーを通知するものもあります。

出典:changineer.info

認識しない場合で一番多い理由としては、次のようなことです。

・交換したCPUがBIOSに対応していなかった。
・OSが認識していない。

では、このような状況を回避するための方法をご紹介いたします。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る