T字シェーバーなら深剃りができる!肌質に合わせてシェーバーやフォームを選ぼう

  • LINEで送る

社会人男性にとって髭剃りは毎日の欠かせない習慣です。髭は伸び方や濃さは個人差が大きいですが毎日剃らないと髭が目立ってしまう人は欧米人と比べると髭の薄いとされる日本人でも珍しくありません。髭剃りに使うカミソリにも種類はいろいろあり、電動か手剃りかで大別されます。電動には電動の、手剃りには手剃りのメリットとデメリットがそれぞれあります。本稿では髭剃り用のカミソリの中でもT字のカミソリに焦点を当てて解説します。

髭剃りは肌のトラブルにつながる可能性がある

出典:dime.jp

気づかないうちに傷つけている

髭剃りは電動にせよ手動にせよ、単に髭を剃るだけの行為と思われがちですが、実はそれはだけでは無いのです。髭剃りは髭と一緒に肌の確執も削り取る行為です。髭剃りの後に肌がヒリヒリしたり赤くなったりするのは角質を削りすぎているからです。

髭剃り後に肌がヒリヒリしたり赤くなったりするのは肌が傷ついているからです。このような髭剃りのやり方を続けているとニキビが出来るなどの肌のトラブルに発展することもあるために注意が必要です。

角質とは新陳代謝によって剥がれ落ちる古くなった肌の成分であり、垢のようなものです。そのため古くなって剥がれた角質を髭剃りと一緒に削り取ることは問題ありません。しかしまだ完全に肌から剥がれていない角質まで髭剃りで削り取ってしまうために上記のような肌のトラブルの原因となります。

出典:dime.jp

自分に合った髭剃り方法を!

肌の強さは人それぞれ違います。通常よりも敏感肌の人は上記のようなトラブルが発生しやすい体質といえます。このような敏感肌でしかも髭が濃い目だと厄介です。肌を傷つけないように髭はしっかりと剃りたい。つまり最適な髭剃り方法は人それぞれ違ってくるため、自分に合った髭剃り方法を選択することが大切になってくるのです。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る