一眼レフに外部モニターをつけることのメリット・デメリット

1177

一眼レフの液晶モニターはせいぜい3インチ程度なので、色合いの確認など見にくい点が多々あります。しかしiPadやnexusなどのタブレットを外部モニターとして活用すれば、使い勝手がさらに広がります!また、専用モニターとしても便利なモバイルディスプイなども紹介していきます。対象の一眼レフカメラとタブレットをお持ちであれば是非お試し頂き、活用の幅を広げてみましょう!

外部モニターのメリット、デメリット

出典:thebridge.jp

カメラのオートフォーカスを信じて撮影後に家に帰り、パソコンなどで確認してみると、ピントや構図が甘かったり、試写界の震度が不足していたり、ピントがズレていたり…といったことはありませんか?

モニターが大きければその分スムーズ、かつ鮮明な確認作業が可能となります。スマートデバイスから直接、画質、露出、ISO感度、シャッタースピードなどの細かな設定が可能となれば非常に便利です。

対してデメリットは、やはり持ち運びの際にかさばる、タブレットホルダーやケーブルが必要になる、といった準備などでそれなりに手間が掛かります。また、Wi-Fiやモバイル通信での接続が必要となる為、圏外での環境下では使えなくなります。

iPadを一眼レフカメラの外部モニター化させるには

出典:ecx.images-amazon.com

マルチモニターとは言えなくなりますが、Eye-Fi対応のSDカードからお手元のスマートフォンやタブレットへ送信すれば、撮影した写真の確認が可能です。

この方法であれば無線なので楽ではありますが、画像の確認程度しかできません。

<< 次ページに続く >>