スピーカーには専用のRCAケーブルを使用しよう!使用すれば安全にいい音質で楽しめます

  • LINEで送る

スピーカーとアンプを接続しようとしたと時に、双方の接続端子の規格が異なり付属しているケーブルで接続できなかったということがありませんか?多くのスピーカーやアンプは、ケーブルの両先が+と-に分かれて銅線が剥き出しになっているものを使用します。しかし中にはRCAという端子を用いるタイプのスピーカーやアンプがあります。このような場合、どのように接続すればいいのでしょうか?今回はスピーカーのRCAについて解説します。

RCA端子とは

電気信号をやりとりする端子

RCA端子とは「映像、音響機器の多くに用いられている電気信号をやりとりする端子」のことです。日本で販売されている民生用の映像、音響機器は特殊な場合を除きすべてRCA端子が用いられています。

出典:www.otaiweb.com

例えば、テレビとビデオを接続する際、映像は黄色いRCA端子、音声の右は白色のRCA,音声の左は赤色のRCAと決まっています。用途ごとに色分けされているので間違いなく確実に接続することができます。

スピーカーのRCA端子

ビデオの音声出力が赤と白の端子の2本のケーブルを使用するのに対し、スピーカーの場合は1本のRCAケーブルを1台のスピーカーに使用します。スピーカーとアンプの両側がRCA端子になっているケーブルと、片側だけがRCA端子になっているスピーカーケーブルは購入可能です。

出典:www32.jvckenwood.com

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る