除湿機にこんな使い方あるの!パワフル乾燥機として活躍する使い方2選

近頃の住宅事情はマンションを中心に「高気密」「高断熱」住宅が増えてきました。室内温度が保ちやすいエコなメリットを享受できることは否めませんが、温度コントロール、特に「除湿」に頭を悩ませている方も多いのでは?雨が多く温かい日本では、梅雨時のお部屋のじめじめした空気、冬場にはカビの温床「結露」の発生対策、と季節ごとに除湿対策が必要なのです。快適で健康的な湿度コントロールについて考えてみました。

湿気対策について

出典:pixabay.com

体感的にすごしやすい温度下ではあまり感じにくい湿度なのですが、「暑い」「寒い」を感じるようになる季節になると、とたんに影響が出てきます。温度と湿度の関係というのは、「温度が上がると湿度は低く」なり、「温度が下がると高く」なるというもの。

たとえば「夏場の蒸し暑さ」に代表されるように高温になるととたんに湿度を感じやすくなり、「蒸し暑さ」や「じめじめ感」を感じるようになります。それに対して寒くなる冬場には「のどがいがらっぽい」「肌がカサカサする」と感じることが多くなってきます。夏場と冬場の湿度コントロールについて有効な対応策をまとめてみました。

夏場の湿度対策

じめじめした空気を一掃するにはやはり除湿機、もしくはエアコン機能のいわゆる「ドライ」除湿機能を使ってもよいでしょう。湿度が低くなればい体感温度はダウンします。

最近よくある24時間換気システムは室内に比べて外の湿度が高い日にはその空気を中に取り込むしくみになっています。季節を選んで使い分けましょう。

冬場の湿度対策

先にご説明した通り「温度を上げると湿度は低くなります。冬場にエアコンをつけると空気の乾燥を感じやすくなるのはこのためです。そのため、エアコン利用時には加湿器を併用することで快適な湿度を保つことができます。もしくは部屋の隅にコップ一杯の水を置くようにするだけでも違いますよ。

まめに花を飾るようにするのもインテリアだけではなく湿度対策にもよい方法ですね。逆に結露など過度な湿気に悩まされる場合は頼れる「除湿機」ですが、寒い時期には能力が落ちる「コンプレッサー式」以外の機種がベターですね。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]