パソコンをカスタマイズする前に知っておきたいのCPUとメモリの相性とは?

  • LINEで送る

メモリの種類はいろいろあるの?

出典:pcmatic.jp

パソコンのマザーボードによりますが、メモリの種類もいろいろあります。
最近良く使われるメモリの種類は、以下のようなものです。

SDRAM(168pin)

動作周波数133 MHzで、最大データ転送速度1GB/秒 のメモリです。
Windows95などのひと昔前のパソコンでよく使われていたメモリです。

DDR(デスクトップ184pin、ノート200pin)

動作周波数300~400 MHz程度で、最大データ転送速度3.0GB/秒 前後のメモリです。

DDR2(デスクトップ240pin、ノート200pin)

動作周波数500~800 MHz程度で、最大データ転送速度6.0GB/秒 前後のメモリです。
最新のひとつ前のメモリで、安定性があるメモリです。

DDR3(デスクトップ240pin、ノート204pin)

動作周波数1300~1600 MHz程度で、最大データ転送速度10.0~12.0GB/秒 前後のメモリです。
最近発売されているパソコンは、このタイプのメモリが使われています。



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る