もしもの時のために知っておきたいSSDのパスワード対策3つのポイント

ストレージの中には大切なものがいっぱい!仕事での大切な資料や個人情報などが入っていれば絶対に人の手に渡ってはいけないものですし、プライベートで保存しているものはなかなか人に見せられないものも・・・。SSDが盗難にあってしまうなんて考えたくもない悲劇ですよね!万が一のことを考えてパスワードは厳重にしておくべきでは?

ハードディスクパスワードで対応

SSDのロック機能があるパソコンであればハードディスクパスワードを設定することが出来ます。

ハードディスクパスワード設定方法

パソコンを起動させると直後に画面の左下を見ると、メッセージが表示されます。

出典:www.bb1964.com

「Press F2 for System Utilities」というようなメッセージです。指示通りキーを押しましょう。基本的にはF1かF2のことが多いです。

BIOSの設定画面へと移行します。「→」キーで「Security」まで動かします。そうすると設定画面になります。

出典:www.bb1964.com

「下」キーで「Set HDD Password」にあわせEnterキーを押してください。

出典:www.sombokit.com

パスワード設定画になるので、パスワードを入力してEnterキーを押してください。

元の画面へと戻ります。先ほどの項目が「HDD Password Is:Set」となっていればパスワードが設定されたということです。

出典:www.bb1964.com

「F10」キーを押してパスワードの内容を保存しましょう。その後パソコンが再起動され、ハードディスクのパスワードが入力されるとWindowsが起動するようになります。

この方法はすべてのパソコンで使える訳ではない!

このようにBIOSでパスワードをかけてしまえば面倒もないですし、簡単で安心出来るのですが、すべてのパソコンでこの方法が使える訳ではありません。

HDDロック機能のないパソコンや外付けSSDにはこの方法は使うことが出来ません。他のSSDを守る方法を考えていきましょう。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]