SSDの故障を防ぐ、今すぐできる3つの熱対策とは?

SSDに対するイメージってどのようなものですか?静かでスピーディー、消費電力が少なくて、放熱量も少ない、デメリットは容量の少なさくらい。そんな風に考えている人も多いのではないでしょうか?そんなイメージのSSDですが、故障の原因が「熱」であることが多いそうなんです。SSDの熱対策マニュアルを読んで、大切なストレージを守りましょう!

SSDの性質は?

出典:buffalo.jp

SSDとはHDDの代わりとなるストレージで、USBメモリーと同じフラッシュメモリが内蔵されているんです。

SSDは放熱量が少ないイメージ
SSDはどうして放熱量が少ないんでしょうか?今まで使っていたHDDと比較して考えていきましょう。

HDDの仕組み

HDDはディスクを回転させ、ヘッドを動かすことでデータにアクセスします。

HDDのディスク回転させるためにはモーターの動力となるための電力が必要で、ディスクが一度停止して、再度回転するときにはさらに電力が必要となります。

SSDの仕組み

一方SSDはフラッシュメモリが内蔵されているだけなので、ディスクもヘッドも必要ありません。

ディスク回転のためのモーターの電力消費もないので、放熱量は少ないんです。

ではなぜ熱によって故障するのでしょうか?HDDよりも熱に弱いということなんでしょうか?

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]