MacBookの内蔵電池はパワフルでスリム!MacBookの寿命を確認してみよう

Apple社は常に時代の先進技術をふんだんに盛り込んだPCをリリースし続けることを信条としているため、最新のMacBookは最先端のテクノロジーを駆使して構成されたハイエンドモデルのノート型PCといえます。それは内蔵電池にもいえることであり、Apple社が独自開発した非常にコンパクトでありながらパワフルなパフォーマンスを発揮する独自のバッテリー技術はMacBookのハイスペックな性能と驚くほどスリムで軽量な外観を見事に両立させています。本稿はMacBookの内蔵電池やバッテリー交換について解説します。

MacBookのパワフルでスリムな内蔵電池

内蔵バッテリーが長持ちするかは重要

ノートPCは外出先などに持ち出して使うことが想定されています。そのため電源供給無しの状態で使うことも多く、内蔵バッテリーが長持ちするかどうかはノートPCの良し悪しを決めるかなり重要な要素といえます。

下記画像はMacBookに内蔵されているバッテリーです。Apple社はPC本体の分解による故障は修理サポート対象外なので分解は自己責任です!

出典:www.gizmodo.jp

MacBook内蔵バッテリーはかなりパワフル

現在MacBookの最新モデルは3タイプありますが、その中でも最軽量の新型MacBookは最大9時間の連続使用が可能となっています。もちろんバッテリーの消費はどんな使い方をしたかにもよるためこれはあくまで平均時間です。短く見積もったとしてもかなり酷使して6時間は余裕で持つと考えればOKでしょう。

同様にMacBook Airは11インチモデルならば9時間、13インチモデルで12時間、さらにMacBook Proは13インチモデルで10時間、15インチモデルで9時間、というバッテリー駆動時間が正式にアナウンスされている目安です。概ね半日は使えるために外出先での使用するのにはかなり心強いパワフルなバッテリーといえます。

パワフルかつスリム!

極端な話、内蔵電池を長持ちさせたいならば大容量のバッテリーパネルをたくさん詰め込めばいいだけの話であり、技術的には充分可能です。しかしそれではどんどん大きさが嵩張るだけです。ノート型PCはどんなにハイスペックだとしても分厚くて重いようではナンセンスというものです。

出典:moxile.net

Apple社は内蔵電池のパワフルなパフォーマンスとスリムさを両立させるために研究を重ね独自のバッテリーテクノロジーを開発しました。従来の長方形型のバッテリーユニットを廃し、シート状のバッテリーセルを重ねて段状にすることで大幅にバッテリーユニットの面積を減らすことに成功しました。

出典:weekly.ascii.jp

上記画像のように、超薄型のバッテリーユニットを複数敷き詰めることにより、長持ちする内部電池システムと薄型構造を両立することに成功したのです。これは間違いなく現状ではApple社にしか実現できない高度なテクノロジーいえます。この技術により、MacBookの3タイプの中でも最軽量の無印MacBookはモニターを閉じた状態でも、厚い部分で13.1㎜という驚異的な薄型ボディを実現しました。

出典:cdn-ak.f.st-hatena.com

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]