故障?電源ボタンを押してもパソコンが起動しない時の対処法

  • LINEで送る
       

バッテリーの残量不足もしくはバッテリーそのものの寿命

ノートパソコンのバッテリーがほとんどない状態では、パソコンはうまく起動しません。購入してから2・3年も経過するとバッテリーは寿命を迎えて、基本的に電気を蓄えることができなくなってしまいます。ノートパソコンのバッテリーユニットを外して、ACアダプタだけを接続した状態で電源を入れてみてください。この状態で電源が入る場合にはバッテリー自体に問題があるということです。メーカーからバッテリーは購入することができるので検討してみてください。

モニタのケーブルを確認する

意外と見落としがちな点ですが、パソコンのモニタの接続ケーブルがきちんとつながれているのかを確認しましょう。パソコンは正常に動いているのに、画面だけが表示されないという場合はわりとあります。パソコンの位置をズラした時に接続が甘くなっていることがあります。ケーブルの接続を確認すると共に、モニタの電源が入っているかどうかも確認しましょう。電源スイッチを押して、モニタの電源ランプが点灯しているかを確かめてみてください。逆に言えば、モニタの接続がきちんと行われているにもかかわらず起動しないのは、パソコン本体が正常に動作していない可能性があります。

周辺機器による影響も考えてみる

パソコンのトラブルが発生する前に、ハードディスクやメモリ、グラフィックボードなどをいじったりはしなかったでしょうか。新たに増設したり、部品を交換したりするとパソコンの起動に影響を与えてしまっているかもしれません。特にメモリとグラフィックボードはパソコンの不具合を生み出しやすい部品なので注意が必要です。 この場合にはいったん新たに取り付けた部品をすべて外して、パソコンに電源が入るかどうかを確認してみてください。原因となるデバイスが特定できた場合には、デバイスの生産を行っているメーカーのホームページなどからドライバをダウンロードしてみましょう。最新のものにアップデートをすることによって、不具合が解消する場合があります。

それでもダメな場合にはメーカーに修理依頼を

ここまでのチェックをしても原因が分からない場合には、パソコン本体が壊れてしまっている可能性が考えられます。自分でパーツを交換しようとすると、無償保証期間であっても有償の修理となってしまう場合があります。パソコンの修理に不慣れな場合には、メーカーに修理依頼をしてみましょう。 その際にはデータのバックアップをとっておく必要があります。メーカーの修理だと工場出荷時の状態に戻されてしまうため、パソコン内のデータはすべて初期化されてしまうからです。重要なデータの保存をきちんと行った上で、修理に出すようにしてみましょう。

慌てずに1つ1つの項目をチェックしていくことが肝心

パソコンに急なトラブルが起こってしまうと慌ててしまいがちですが、手当たり次第にいじってしまうとかえって症状を悪化させてしまう可能性もあります。電源コンセントがきちんと差し込まれていなかったり、モニタのケーブルの接触が甘かったりと単純なミスが原因の場合もあるので、落ち着いて対処していく姿勢が大切になってきます。


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]