パソコンを買い替えた時に押さえておきたいデータ移行のポイント

  • LINEで送る
       

データを移動させる時の具体的な方法

データを移行させるためにはWindowsに搭載されている転送ツールを使う方法と、市販の引っ越し専門ソフトを利用する方法、自分で設定データを抜き出す方法の3つに分かれます。転送ツールは自動的にWindowsの設定データ、マイドキュメントフォルダ内のデータを自動的に集めてくれるので便利です。 転送させることで移動できるデータはブックマーク、デスクトップのデータ、マイドキュメントなどのドキュメントフォルダにある全データ、OfficeやiTunesなどのデータ、その他画像・音楽ファイルなどを収集してくれます。気をつけておきたい点は、アプリケーションソフトや周辺機器のドライバーなどは転送できないため、手動でインストール作業を進めていく必要があります。またユーザー辞書は転送ツールで移動できないので、こちらも手動で引っ越しさせましょう。市販の引っ越しソフトにはパソコン同士を接続するケーブルもついていて、きめ細かな設定が可能です。

データを移動させるメディアを選択する

データを移動させる方法もいろいろとあります。1つはパソコン同士をクロスLANケーブルで直接接続をしてデータを転送する方法です。2つ目は外付けのHDDにデータをコピーしてから転送する方法。3つ目はネットワーク経由でデータを共有して転送する方法です。 ネットワーク接続は少々面倒ではあるものの、費用もそれほどかからずに素早くデータを転送できる点がメリットだといえるでしょう。そして、手元に無い場合には購入代金がかかってしまうものの、外付けHDDの利用がおすすめです。ただ、いったん外付けのHDDにデータを移動させてから新しいパソコンに移動させるため、データの容量にもよるものの時間がかかってしまうのが難点でもあります。

セキュリティ対策ソフトは自動的には引っ越しされない

市販の引っ越しソフトはとても便利ではあるものの、何から何まで自動で引っ越してくれるわけではありません。特に気をつけておきたい点は、セキュリティ対策ソフトでしょう。もちろん自動的に引っ越しされないだけであって、手動で作業を行えば大丈夫です。引越し前のパソコンでアンインストールをして、新しいパソコンにインストールしましょう。その際には、最新のバージョンのものをダウンロードして、インストールをしてください。


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]